人事 ・ 労務管理のトータルコンサルティング

2019.06.10

退職者に年5日の年次有給休暇を取得させる必要があるか?


働き方改革関連法の施行に伴い、年5日の年次有給休暇の確実な取得が求められるようになりました。

これに関連し、厚生労働省は「改正労働基準法に係る疑義照会・応答事例(平成31年3月14日)」を

内部資料として作成し、全国の労働基準監督署に通達しています。

 この資料の中ではいくつか注目すべき内容がありますが、その一つに会社が年次有給休暇の時季指定を

した日よりも前に退職する場合の取り扱いがあり、以下のように示されています。

 

【疑義】

 法第39条第7項により時季指定付与したが、指定付与日までに自己都合退職などし、

退職日までに全ての指定付与日が到来しない場合、退職申出から退職日までの間に、新たに時季指定を行う

必要があるか。また、突然の退職等により与えるべき期間が短い場合はどうすればよいか。

 

【回答】

 法第39条第7項は、年5日の年次有給休暇を実際に取得させることを要するものであり、前段・後段とも、

労働者の意見を(再)聴取した上で退職日までに5日の年次有給休暇を取得していただくことが原則である。

(なお、実際に突然の退職等により義務を履行できなかった場合には、個別の事情を踏まえた上で、当該事業主に対して丁寧に助言等を行われたい。)